サステナブル・シーフード用語集

TAC(漁獲可能量制度)

「漁獲可能量(TAC,Total Allowable Catch)制度(以下TAC)」とは、魚種ごとの漁獲可能量を科学的に測定し、それによって漁獲量の上限を決めることをいいます。獲りすぎを防ぎ、資源維持と回復をはかることで水産資源を保全し、結果として水産業を守っていくことを目的としています。

総量は毎年検討され、水産庁によって決定されます。現在、日本でTACが設定されているのは8種、クロマグロやサンマ、スルメイカなどがあります。今後、漁業法の改正を受けてブリやサワラなどが追加され、漁獲量の8割までTAC管理魚種が拡大される予定です(2021年6月時点)。

海洋資源と水産事業者の経済性、その両方を守っていくために。今後の動向が注目されています。

【参考】
水産庁 TACについて(詳しくはこちら

TACに関する記事

サステナブル・シーフード用語集

か行

改正漁業法 混獲

さ行

サステナブル・シーフード 水産エコラベルのガイドライン 水産流通適正化法

は行

ブルー・エコノミー

ま行

未利用魚

G

GSSI(世界水産物持続可能性イニシアチブ)

I

IQ(個別割当方式) IUU(違法・無報告・無規制、Illegal, Unreported and Unregulated)漁業

M

MSC認証

T

TAC(漁獲可能量制度)