サステナブル・シーフード用語集

ブルー・エコノミー

ブルー・ エコノミー(Blue Economy)とは、一般的に「海洋経済」と訳され、海や沿岸環境を活用した経済活動を意味します。例としては、水産業、沿岸や海での観光、海運、洋上風力発電など海洋での経済活動があげられます。

世界銀行によると、例えば、海洋での漁業活動は2億7千万米ドル(約295億円)の経済効果があると試算されています。観光分野では、沿岸の後発発展途上国や島嶼国が年間4,100万人もの観光客を受け入れ、地域に雇用と経済的な利益をもたらしています。また、国際的な商品の8割以上は海上輸送によって運ばれており、その量は2050年までには2030年の倍になると予測されています(以下、インフォグラフィック参照)

Blue Economy

出典:世界銀行ウェブサイトより

このように海は私たちに多大な経済的利益をもたらしています。WWFによると、海洋および沿岸からもたらされる財やサービスの経済的価値​​は、2.5兆米ドル(約273兆円)と世界第七位にも及ぶとされています※1。さらに、OECDは、海の経済的価値が2030年までに3兆米ドル(約327兆円)に、雇用者が4千万人なると予測しており、今後さらに拡大していく見込みです※2。

こうした経済的な価値は、海が健全な状態ではじめて生み出されるものです。しかし、海や沿岸の環境は年々悪化しています。

海は世界全体で排出されるCO2の30%(※3)、上昇した気温の熱量の9割を吸収(※4)するなど、気候変動の緩和に貢献する存在ですが、CO2が増大した結果、酸性化が進み、サンゴの白化現象などを引き起こしています。また、海面上昇や沿岸部の侵食も進んでいます。プラスチック問題も深刻です。年間800万トンものプラスチックが海に流出、2050年には重量ベースで魚よりもプラスチックの量が多くなる、という試算もあります※5。そして水産資源においては、3割以上は乱獲状態にあり、海洋生物種の生物多様性は1970年から2012年の間に36%減少しています※6。

海が健全でなければブルー・エコノミーの発展は決してあり得ません。つまり、ブルー・エコノミーの成長は、水産資源の保護も含め、海や沿岸の環境を守る、言い換えればSDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の達成と不可分といえるでしょう。

 

※1 http://ocean.panda.org.s3.amazonaws.com/media/Sustainable%20Blue%20Economy%20Finance%20Principles/Sustainable%20Blue%20Economy%20Finance%20Principles_2018%20Brochure.pdf
※2 https://www.oecd.org/sti/science-technology-innovation-outlook/ocean-economy-and-innovation/
※3 IPCC, 2013: Climate Change 2013: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Stocker, T.F., D. Qin, G.-K. Plattner, M. Tignor, S.K. Allen, J. Boschung, A. Nauels, Y. Xia, V. Bex and P.M. Midgley (eds.)]. Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA, 1535 pp.
※4 K.von Schuckmann et al(2020)
※5 https://jp.weforum.org/reports/the-new-plastics-economy-rethinking-the-future-of-plastics
※6 FAO 2018, ISC 2016, WWF/ZSL 2016, Hoegh-Guldberg 1999, Hoegh-Guldberg
et al. 2007, Waycott et al. 2009, UNEP 2014, Jambeck et al. 2015

ブルー・エコノミーに関する記事

サステナブル・シーフード用語集

か行

改正漁業法 海洋保護区 現代奴隷 ゴーストギア 混獲

さ行

サステナブル・シーフード 人権デューデリジェンス 水産エコラベルのガイドライン 水産流通適正化法 絶滅危惧種

た行

調達方針

は行

ブルー・エコノミー

ま行

未利用魚

A

AIP ASC認証

B

BAP認証 BSP認証

C

CoC認証

F

FIP

G

Global Fishing Watch GSSI(世界水産物持続可能性イニシアチブ)

I

IQ(個別割当方式) IUU(違法・無報告・無規制、Illegal, Unreported and Unregulated)漁業

M

MSC認証

S

SeaBOS

T

TAC(漁獲可能量制度) TNFD